検索

【ティール組織とアート思考】

ビジネス書の「マネジメント」のカテゴリーでベストセラーとなった「ティール組織」(フレデリック・ラルー著)を読まれた方は思ったはずです。理想はそうかもしれないが、、、現実の組織に取り入れるのは大きなハードルがありすぎる。 指示で動くのではなく個々が自立して意思決定ができる、社...

【「アート✖️デザイン思考入門セミナー」リクエスト受付中】

「アート✖️デザイン思考」セミナーは開催希望者が集まり次第開催しています。 アメリカのビジネス界では、MBA(経営学修士)よりも「Master of Fine Arts=MFA」(美術学修士)を持っている人材が注目されているそうです。「論理」「推論」や誰にでもにできる作業は...

【サステブルブランド国際会議】

世界的トップ企業や環境、人権に向き合う企業等190社、約2000人が集まり、持続可能な開発目標についてプレゼンテーションを行いました。 SDGsという括りは、今から始まったことではなくて、気がついている企業はずっと前から実践しています。実践してない企業は、このままでいいのか...

Glocal Design Future Lab (サステナブル・ブランド国際会議)

サステナビリティ有識者の話を聞いて社会課題を解決していく方法を探る国際会議が 「サステナブル・ブランド国際会議」です。 IKEA、サントリー、パナソニック、味の素、朝日新聞、アディダス他大手企業92社のCSR、 SDGs担当からNPO等20団体、その他、のべ1640名が参加...

【アート+デザイン思考でSDGs新規事業を考える】

160社の上場企業のCSR部門にSDGsが定着しているか?というアンケードを行った結果86%で定着したという回答があったのに対し、従業員にSDGsが定着していますか?という問いにはわずか8%。経営陣ですら36%という回答が帰ってきました。...

【アート思考とイノベーション】

時代がアートを求めている、ビジネスシーンにおいてもアート思考はとても重要視されています。それはいわゆる教養としての鑑賞や趣味の様な個人的な時間ではなくて、極端に言えばAIと人の違いを端的に表現する手段としてアート思考は社会的な意味が生まれ始めているのではないか?ということで...

【先が見えない時代の企業戦略】

データや調査を元に判断する事が成果につながる時代は物事が今ほど複雑化、多様化していない時代の話です。インターネット時代はイノベーションコストが下がり、お金と力(権力)の時代が終わり、誰もがビジネスやプロダクトをデザインし市場に出すことができる時代になりました。...

【the four GAFA】

スコット・ギャロウェイは著書「the four GAFA」で GはGoogle>神 AはAmazon>消費 FはFacebook>愛とつながり AはApple>ブランド と言っています。これは全て人間の欲望と本能ですよね。...