top of page
検索
  • 執筆者の写真yuichiro shibata

【クリエイティブ・マネジメント(アート×デザイン思考)セミナー】

更新日:3月19日


「新規事業に必要とされる思考のフレームワークを知りたい」「DX人材を育成したい」という方へ!1万人以上が受講した“正解の見えない時代”に創造的で自律した組織を生み出すアート思考やデザイン思考、ロジカル思考のフレームワークを活用し、創造的な新規事業の立ち上げをナビゲートするセミナーです。



今、『アート思考』や『デザイン思考』が新しいビジネスのフレームワークや新規事業の開発方法として注目を浴びています。トヨタ自動車、ソフトバンク他の新規事業立ち上げの専門家がレクチャーします。

急速にAI化する社会、経済の衰退、人口減少、そしてコロナ禍。

今までのやり方、モノの考え方や捉え方では通用しない「正解」が見えない時代で、新しい事業展開が求められる中、これまで以上に組織や個人の思考力・発想力・創造力が問われています。どうやってアイデアを生み出すか?新規事業をどうやって生み出すか?そのためにはどんな組織にしたら良いか?などの課題を解決します。


デジタルに限らず多くのイノベーションは「直感」や「創造力」から生まれてきています。

今後のDXを推進する上でも今まで以上に創造性を高めるアート思考やデザイン思考がビジネスの領域に必要とされています。

「直感」や「想像力」は誰もが持っている能力です。決して難しい物ではありません。難しいと思い込んでいるだけなのです。


ロジカル思考>デザイン思考>アート思考を横断しながら具体的な事例の説明とワークショップで自己肯定感を生み出し自分自身の内にある隠れたクリエイティビティーを発掘して発想力の強化と自立性を養います。

アートやデザインはよくわからないという方でも全く問題ありません。

創造性はすべての人の中に眠っているものです。


こんなお悩みはありませんか?

・新規事業担当になったけど、何をすればいいか分からない

・DX人材を育成したい・新規事業のアイデア出しに困っている

・創造的で、自立的な人材を育成したい

・アート思考やデザイン思考は聞いた事があるがビジネスにどう活用して良いかわからない

このセミナーは、それぞれの人が持つ創造性を発揮し、それらの課題解決につなげるためのセミナーです。


何を学びますか?

  • アート思考やデザイン思考が必要になった背景と概念がわかります

  • アート思考やデザイン思考をビジネスに活用した事例が分かります

  • DX、新規事業創出にかかわるマインドシフトがわかります。

  • クリエイティブな発想をするためのフレームワークが分かかります

  • ほとんどの人が自分の中に創造的思考があることがわかります

  • アイデアを表現する事に積極的になり自己肯定感が身に付きます

  • 自己肯定感が身に付くことで仕事へのモチベーションが上がります


受講における条件はありますか?

  • アートやデザインの事がわからなくても全く問題ありません。


受講対象者

  • 新規事業開発の必要性を感じている方

  • 新規事業担当になったが、新規事業をどう始めていいかわからない方

  • 企画力や発想力をもっと身につけたい方(新しいアイデアが浮かばず悩んでいる方)

  • 創造的で、自律したDX人材を育成したい人事担当の方

  • 新商品・新サービスの開発や決定、プロジェクトの遂行を任される事になった方



企業の社員研修、新規事業創出プロジェクトの伴走支援、も随時受け付けています。 

お気軽にご相談ください。



<受講者の感想> 柴田さんの強烈な人生経験から得られたお話も交えながら、講義とワークを通してアート思考のフレームを楽しく学ぶことができました! 閉じた思考の人ほど、天地がひっくり返る体験ができると思います。 また元から柔軟な思考を持っている方も、色々なヒントを得られるかと。 個人的には教育者の方にオススメしたいです! (20代会社員 男性)

アート思考とは、自分の本心からの発想。これが仕事として形になった時、凄いパワーを持つものになる。本心から出てきたことだからこそ続けられる。これが分かっただけでもとても価値あるワークショップでした。自分の仕事にアート思考を取り入れたらクライアントにどんないい変化を生むことになるか?これからが楽しみです。 (コンサルタント40代 女性)

私には芸術的センスも無いし、ビジネスとどう結びつくのか興味があり、参加しました。アートやデザインは評価される事ではなく、自分の中にある欲求や希望が芸術や、企画、作品としてビジネスと結びつく楽しみを知るとともに、枠にはまらず人生も自分でデザインしていいんだ!と背中を押してもらえるセミナーでした。 (保険営業マネジャー 30代 女性)

本当に本当に楽しかったです!聞くもの感じるもの全てが刺激的でした!「これやりたい!」とピンときたので、アートシンキングを深めてみようと思います。 また柴田さんのワークショップに参加したいです! (会社員 30代 女性)

ロジカルシンキングに限界を感じていましたが、アート思考を取り入れることで仕事にも人生にも活かせる、自分にしかできないアイデアの出し方を知ることができました!目に見えるモノに囚われるのではなく、一見無駄に思える経験にこそ自分らしさを発揮する価値があるということがわかり、もっと自由に生きようと思えました。 (会社経営 30代)

デザイン思考とアート思考の違いが「体感」できて良かった!また、柴田さんから与えられるさまざまな答えのない問いに脳が刺激されて新たな視点に出会えました。 (会社員 20代)



皆様のご参加をお待ちしています。


参考文献

「世界のビジネスリーダーが今アートから学んでいること」ニール・ヒンディ

「世界のエリートはなぜ「美意識を鍛えるのか?」」山口周

「ティール組織」フレデリック・ラルー

「ファクトフルネス」ハンス・ロスリング

「ハイ・コンセプト(「新しいこと」を考え出す人の時代)」ダニエル・H.ピンク

「デザイン思考が世界を変える」ティム・ブラウン



お問い合わせはこちらまで https://www.i-ba.org/contact




閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【先が見えない時代の企業戦略】

データや調査を元に判断する事が成果につながる時代は物事が今ほど複雑化、多様化していない時代の話です。インターネット時代はイノベーションコストが下がり、お金と力(権力)の時代が終わり、誰もがビジネスやプロダクトをデザインし市場に出すことができる時代になりました。 そして、そのスピードはどんどん早くなっています。つい最近まで使っていたサービスやアプリは既に過去のモノになっています。私たちの世代にはまだ

Comments


bottom of page